トップへ » ごとう歯科が選ばれる理由 » お口の中から始まる総合的な治療 » 大切なのは、全体のバランスを診ること

大切なのは、全体のバランスを診ること

全体のバランスを診るここで先ほどの、大きな穴ができていた歯の話に戻りますが、歯冠が崩れていくとその歯と咬み合っていた歯は相手を求めて延び出してきます。延び出した歯をそのままにして治療を終えてしまうと、咬み合わせの平面に凸凹ができます。

凸の歯には横方向の力が加わり、虫歯や歯周病も起きやすく、将来的にその歯を失う可能性も出てきます。凸の歯が原因となり、お口の円滑な動きを妨げられてあごの歪みや筋肉の疲労、顎関節の異常が起きる可能性もあります。

また凹の歯では、隣り合った歯との間に食片が詰まりやすく、それが虫歯や歯周病の原因となっていきます。ドミノ倒しのように次々と悪連鎖が起きていくのです。ですから全体のバランスに気を付けて、その歯だけにとらわれずに考えていく必要があります。


トップへ » ごとう歯科が選ばれる理由 » お口の中から始まる総合的な治療 » 大切なのは、全体のバランスを診ること



TOP