トップへ » ごとう歯科が選ばれる理由 » 親身で永続性のある治療を目指す » 来院されたその日から 一生のお付き合いが始まるつもりで治療します

来院されたその日から 一生のお付き合いが始まるつもりで治療します

痛みや腫れがおさまっても、治療が終わったわけではありません。患部だけでなく全体を見渡し、将来も見据えた治療をご提案します。

親身で永続性のある治療を目指す

ある初老のご婦人が、朝起きると枕が真っ赤になるとびっくりされて来院されました。歯肉炎からの出血で、歯周治療と清掃指導ですぐに出血も止まり元気になられました。しかしお話を伺ううちに、ご主人を亡くされてすっかり気落ちされていたことがわかりました。

通常はきちんとされている方でも、とても辛い悲しみなどに出会うと、生活もバランスを失い、それがお口の症状として出るのです。

また、親元から離れて下宿している学生さんによくあることなのですが、それまでは虫歯ゼロの健康児として育ったと見受けられるお口の状態なのに、なぜか最近になってアチコチに虫歯ができ始めているというケースに出会います。

考えられることは、生活習慣の乱れと食習慣の乱れです。それは、虫歯を治療するだけでは治せません。このような方には、チーフやスタッフが冗談まじりの会話やお説教をして必要なことを学んでもらい、社会人として巣立っていくのを見守っていくパターンが、当院では開業以来続いています。

このように患者さんの状況に合わせた親身な対応をスタッフ一同心がけ、長くお付き合いできる関係づくりに取り組んでいます。


トップへ » ごとう歯科が選ばれる理由 » 親身で永続性のある治療を目指す » 来院されたその日から 一生のお付き合いが始まるつもりで治療します



TOP