トップへ » 治療に関するこだわり » マイクロスコープを完備 » マイクロスコープ(顕微鏡)での治療

マイクロスコープ(顕微鏡)での治療

マイクロスコープ(顕微鏡)での治療根管治療は、マイクロスコープが最も役立つ場面のひとつです。歯の中心部にある根管は、非常に細く複雑な形をしています。そのため肉眼では細部まで見ることができず、手探りで治療しなければなりませんでした。

マイクロスコープを使えば、根管の中を見ることができます。そのため、根管治療がより確実に行えるようになりました。手探りの根管治療ではわからなかった痛みの原因が、マイクロスコープを使うことによって見つかることも多くあります。 

虫歯治療にも有用
虫歯の治療では、菌によって悪くなった部分を取り去ることが大切です。少しでも残っていると、そこから再び虫歯になってしまいます。確実に取り去るために、多少大きめに削っておくということも行われていました。

しかし歯の神経に近い大きな虫歯の場合、大きめに虫歯を取ると歯の神経が露出して、神経を取ることもあります。マイクロスコープを使って虫歯の患部を拡大すると、悪くなっている部分だけを慎重に取れるので、神経を取らなくて済むことがあります。歯の神経を保存できれば、歯をより長持ちさせることができます。


トップへ » 治療に関するこだわり » マイクロスコープを完備 » マイクロスコープ(顕微鏡)での治療



TOP