トップへ » 治療について » 根管治療

マイクロスコープ(顕微鏡)を用いた丁寧な治療

当院では、マイクロスコープ(顕微鏡)を使った精密な根管治療を行っております。

根管治療

虫歯になったとき、基本的には歯の悪くなった部分を削り取って、詰め物をしてしまえば治療終了です。しかし、歯髄と呼ばれる歯の中心部にまで虫歯が及んでしまうと、それだけでは終わりません。

歯の根の部分には、神経がとおっている細い管があります。虫歯が進行すると、細菌がその管にまで入り込んでしまうので、管の中を掃除して消毒する必要があるのです。その施術を「根管治療」と言います。

根管治療の困難さ
根管治療で最も大切なのは、悪くなった部分を完全に取り去って、しっかり感染源を除去することです。少しでも感染源が残っていると、治療が終わったはずなのに再発してしまったり、歯を抜かなければならなくなったりすることもあります。

ところが根管部分はとても細く複雑な形をしているので、肉眼で見ることができません。そのため一般的には、根管治療は手探りでの作業となります。ですから根管治療は非常に難しく、根の病気の再発も多いのです。

マイクロスコープ(顕微鏡)による根管治療マイクロスコープによる根管治療
当院では、マイクロスコープと呼ばれる実態顕微鏡を導入しています。マイクロスコープは、レンズに捉えたものを8~25倍に拡大できるので、肉眼ではわからなかった痛みの原因が、マイクロスコープを使うことによって見つけられることも多くあります。こうした効果により、長期化する根管治療を短期間にすることも可能となりました。

ニッケルチタンのファイル

ニッケルチタンのファイル根管の掃除に使われるのが、ファイルと呼ばれる専用の器具です。一般的には、ステンレス製のファイルが多く使われています。しかし、複雑な根管形態をしている症例では、硬いステンレス製のファイルでは根の先まで届きにくく、完全な治療ができないことがありました。

当院では、そのような症例ではニッケルチタン製のファイルを採用しています。ステンレス製に比べて弾力があるため、根管の先端まで確実に届き、しっかりと掃除することができます。

補綴を確実に治療

根管治療根管治療を終えても、歯の穴をふさぐ被せ物がしっかりと隙間なく取り付けられていないと、また根管に細菌が入り込んでしまいます。当院では被せ物を作る歯科技工士としっかりと連携を取り、精密な被せ物で治療します。


トップへ » 治療について » 根管治療



TOP