トップへ » 治療について » インプラント

セカンドオピニオンも実施。難症例は大学病院の先生と連携

失ってしまった歯の代わりに、天然の歯と同じように咬める義歯を入れる最新技術がインプラント治療です。

インプラント

インプラントとは、歯がなくなってしまった部分のあごの骨に、チタンなどの金属製の人工歯根を埋め込み、それを土台にして義歯を取り付ける治療です。ブリッジや入れ歯と違って、自分の歯と同じように咬むことができます。

ブリッジを入れる場合、健康な歯を削らなければなりません。入れ歯は、天然の歯に比べると、どうしても咬む力が弱くなります。その欠点を両方ともなくしたのが、最新の治療法であるインプラントなのです。

インプラントができないケースインプラント
インプラントには、確かに利点がたくさんあります。でも、抜けてしまった歯と同じように入れれば良いというものではありません。正しい咬み合わせがしっかりできている状態でなければ、ただインプラントを入れても意味がないのです。

また体質的な問題などで、インプラントを入れられない患者さんもいらっしゃいます。あごの骨の量が少なくてインプラントの土台を支えられないといったケースでは、増骨手術も行っています。しかし、すべての患者さんに対応できるわけではないことをご理解ください。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療一人ひとりのお顔が違うように、あごの形や体質も人によってさまざまです。そのため、患者さん一人ひとりに合わせたインプラント治療が必要です。まずは患者さんのご希望をしっかりとお聞きし、精密検査を行った上で、患者さんにぴったりのインプラント治療をご提案します。

また当院は、大学の歯学部と連携しています。難しい症例の場合は、インプラント治療を専門とする口腔外科の先生にお願いしています。まずはお気軽にご相談ください。

消毒・殺菌設備
当院では、従来の歯科治療やインプラントを含めた外科手術全般を安全・確実に行うために、滅菌や消毒の設備を整えています。また治療に使う器具は、できるかぎり使い捨ての物を採用しています。水も、殺菌効果の高い電解水を用いています。

当院のインプラント治療当院のインプラント治療

インプラント治療の流れ

ここでは2回法の流れをご紹介します。

【STEP1】カウンセリング
失われた歯の数・インプラントを埋め込む骨の量や質・位置、何本インプラントを埋めるかなど、治療の計画を立てます。
次へ
【STEP2】インプラントを埋め込む手術(1次手術)
ドリルなどの専門の器具を使い、インプラントを埋め込みます。
次へ
【STEP3】治療期間
1次手術のあと、2~4か月ほどでインプラントと骨が強い力で結合します。
次へ
【STEP4】歯肉を開く手術(2次手術)
歯肉を開いて、歯肉の中に埋まっているインプラント体の接合部に人工の歯を取り付ける準備をします。
次へ
【STEP5】人工の歯を製作・装着します
歯肉が治った時点で型を取り、インプラント上部の人工の歯を作ります。形や色は患者さんに合わせて製作し、インプラントに取り付けます。

インプラント治療後のメンテナンス

メンテナンスインプラント治療は、インプラントが入ったらそこで終わりではありません。インプラントで得たお口の健康を長く維持するには、治療後のメンテナンスが欠かせません。

当院では、半年ごとのメンテナンスをお薦めしています。メンテナンスでは、インプラント周囲の歯肉状態や清掃性を確認し、レントゲン検査でインプラント周囲の骨の状態が良好に保たれているかチェックします。また、全体的な歯周病検査、咬み合わせの検査と調整、お口の中のクリーニングなどを行っています。


トップへ » 治療について » インプラント



TOP