トップへ » 治療について » 一般歯科 » 虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

虫歯は、その進行の度合いによって5段階に分けられます。進行度合いごとの治療法もさまざまです。あなたの虫歯がどの程度の状態なのか、セルフチェックしてみましょう。

CoCo
ごく初期の虫歯で、まだ歯に穴は開いていません。きちんとブラッシングをすると同時に、歯を再石灰化させることで、削らなくても完治できます。

C1C1
歯の表面を覆っているエナメル質にのみ穴が開いた状態です。まだ痛みなどの自覚症状はありませんが、放っておくと進行してしまうので、歯を削って詰め物をしなければなりません。

C2C2
虫歯を引き起こす細菌が、エナメル質の下にある象牙質にまで達した状態です。冷たい物や甘い物を食べると、しみて痛みを感じることがあります。悪くなってしまった部分を削り取り、型を取って、詰め物や被せ物をする必要があります。

C3C3
虫歯が歯の中心部を通っている神経に達した状態です。適切な治療で歯の神経を残せる場合と、歯の神経を取ったり根管を消毒したりする根管治療が必要な場合があります。

C4C4
歯冠は崩壊し、歯根だけが残った状態です。歯としての機能を回復できる場合もありますが、多くは抜歯が必要です。


トップへ » 治療について » 一般歯科 » 虫歯のメカニズム



TOP