トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病の進行と治療方法

歯周病の進行と治療方法

初期の歯周病には、自覚症状がほとんどありません。そのため気付くのが遅れて、取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。ここでは歯周病の進行度合いと、段階ごとの治療法をご紹介します。

健康な歯周組織歯周病の進行
歯ぐきは薄いピンク色で、腫れなどがまったく見当たらない状態です。歯と歯ぐきの間の歯周ポケットは、深さ1~2mm程度が健康な状態です。

ただ、健康だからといって安心していると、気付かないうちに歯周病になっていることもあります。3~6か月ごとに定期検診を受けて、予防に努めましょう。歯科医院で行うPMTCと呼ばれる歯のクリーニングも、歯周病予防に効果があります。

軽度歯周炎歯周病の進行
歯周ポケットの中に歯垢がたまりはじめ、歯ぐきが炎症を起こします。歯周ポケットの深さは、4mm程度となっています。

治療法としては、SRP(スケーリング・ルート・プレーニング)と呼ばれるポケット内の歯に付着した歯垢や歯石をきれいに取り去る処置を行います。また、治療効果を持続させて歯周病の進行を防ぐために、一人ひとりに合わせた適切なブラッシング方法や清掃の仕方をご指導いたします。

中等度歯周炎歯周病の進行
炎症が進行して、歯周ポケットの深さも5~6mm程度になっています。この段階になると歯を支える骨が溶け出して、舌で歯を押すとグラグラするような感覚があります。歯を磨くたびに血が出るといった自覚症状も増えてきます。

基本的な治療法としては、軽度歯周炎と同じです。それに加えて、細菌の増殖や歯ぐきの炎症を抑える薬を使用することもあります。

重度歯周炎歯周病の進行
炎症がさらに進行し、歯肉が真っ赤に腫れ上がります。歯を支える骨もかなり溶け出してしまい、ひどくなると自然に歯が抜けてしまいます。

この段階まで進むと、完治させるのは非常に困難です。歯周外科手術や歯を支える骨の再生療法などで、できる限り歯が抜けないようにしますが、残念ながら抜歯となるケースもあります。取り返しがつかなくなる前に、ぜひ定期検診を受けることをお薦めします。

定期検診についてはコチラ「予防歯科」


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病の進行と治療方法



TOP