トップへ » 治療について » インプラント » セカンドオピニオンも実施。難症例は大学病院の先生と連携

セカンドオピニオンも実施。難症例は大学病院の先生と連携

失ってしまった歯の代わりに、天然の歯と同じように咬める義歯を入れる最新技術がインプラント治療です。

インプラント

インプラントとは、歯がなくなってしまった部分のあごの骨に、チタンなどの金属製の人工歯根を埋め込み、それを土台にして義歯を取り付ける治療です。ブリッジや入れ歯と違って、自分の歯と同じように咬むことができます。

ブリッジを入れる場合、健康な歯を削らなければなりません。入れ歯は、天然の歯に比べると、どうしても咬む力が弱くなります。その欠点を両方ともなくしたのが、最新の治療法であるインプラントなのです。

インプラントができないケースインプラント
インプラントには、確かに利点がたくさんあります。でも、抜けてしまった歯と同じように入れれば良いというものではありません。正しい咬み合わせがしっかりできている状態でなければ、ただインプラントを入れても意味がないのです。

また体質的な問題などで、インプラントを入れられない患者さんもいらっしゃいます。あごの骨の量が少なくてインプラントの土台を支えられないといったケースでは、増骨手術も行っています。しかし、すべての患者さんに対応できるわけではないことをご理解ください。


トップへ » 治療について » インプラント » セカンドオピニオンも実施。難症例は大学病院の先生と連携



TOP