トップへ » 治療について » 矯正治療 » 当院で扱う主な矯正装置

当院で扱う主な矯正装置

オーバーレイ(小児矯正)オーバーレイ
オーバーレイとは
奥歯の乳歯に被せ物をすることで、顎を正しい位置に誘導する治療法です。症例によって、銀歯の場合やプラスチックの白い被せ物の場合があります。

精密検査のデータをもとに、顎を正しい位置に誘導するための誘導面(ガイダンス)をオーバーレイの咬み合わせ面に付与します。

これによって、日常生活を送りながら、少しずつ顎が正しい位置に誘導されていきます。

新素材ワイヤー ゴムメタル新素材ワイヤー ゴムメタル
「ゴムメタル」はトヨタグループのシンクタンクである豊田中央研修所が開発した新チタン合金で、ゴムのような性質を示します。

ゴムのように柔らかくしなり、強度もある折れにくいワイヤーなので、矯正治療には最適な素材です。

床矯正当院で扱う主な矯正装置
主に小児矯正で用いられます。取り外しができる矯正装置で、あごの成長が不足していて歯が並びきらない場合に有効です。あごの成長を促し、歯を正しい位置に動かすことで、歯並びを整えていきます。

ブラケット当院で扱う主な矯正装置
矯正装置といったときに、一般的に思い描かれるのがブラケット矯正です。歯に部品を取り付け、そこにワイヤーを通して歯並びを整えていきます。

ブラケットやワイヤーは金属製のものが主流ですが、最近ではセラミック製の白いもの、プラスチック製の透明のものなどもあります。セラミック製やプラスチック製のブラケットは、歯に取り付けても目立ちにくいので、見た目を気にされる方でも安心して矯正治療を受けていただけます。


トップへ » 治療について » 矯正治療 » 当院で扱う主な矯正装置



TOP