2014年6月 « トップへ

2014年7月16日

小児も成人も対応。お子さんの歯並びのご相談もお気軽に

当院では、お子さんから成人している方まで、あらゆる年齢での矯正治療を行っています。

矯正歯科

当院で矯正治療をされる方には、主に次の2パターンがあります。

1つは、患者さんご自身、または保護者の方が、歯並び(咬み合わせ)の悪さを自覚されていて、矯正を希望される場合です。当院の方針をご説明し、納得いただいて治療に入ります。

もう1つは、患者さんご自身、または保護者の方が、歯並び(咬み合わせ)の悪さを自覚されていらっしゃらない場合です。成人の方で多いのは、歯や顎関節に辛い症状があり、それらの症状が咬み合わせに起因していることをご説明すると、最初は驚かれますが納得されて矯正治療を決意される場合があります。

歯列の乱れによる問題矯正歯科
患者さんの訴えでは、見た目が気になることが一番多いようですが、歯並び(咬み合わせ)の問題は見た目以外にも次のような問題を引き起こします。

・食べ物が咬みづらい
・あごが痛くなったり口が開きづらくなったりする顎関節症
・清掃が十分行いにくく、虫歯や歯周病になりやすい
・歯に加わる力の負担過剰による、歯の破折や知覚過敏

このように、見た目以外にも機能面での問題が起こってきます

当院では、お子さんの歯列矯正だけでなく、成人している方の歯列矯正も行っています。歯並びで気になることがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正

小児矯正お子さんは、これから体を成長させていく過程にあります。咬み合わせが悪いと、しっかりとよく咬むことができず、あごの成長が不足して歯が並びきらないといった悪循環が起こります。

2ステップ矯正
当院では、お子さんの成長に合わせて2ステップの矯正を行っています。まず、すべての永久歯が生え揃うまでの間に、歯がすべて並ぶだけの空間を作る「第1期治療」を行います。そして永久歯が生え揃ったら、改めて歯列を整える「第2期治療」に入ります。

2ステップ治療は、永久歯を抜かずにきちんとした歯並びを作るための方法です。第1期治療の成果によっては、第2期治療を行わずに済む場合もあります。

それぞれの矯正に適した時期は、お子さんの成長によって違ってきます。お子さんの歯並びで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。お子さんの成長に合わせて、治療計画をお作りします。

成人矯正

成人矯正最近では成人の方の矯正も珍しくなくなってきました。子どもの頃からのコンプレックスだった歯並びを、就職して自分で費用を払えるようになってから矯正を始めたという20代の方、顎関節症の痛みがひどくなり矯正を始めた30代の方、徐々に歯がガタガタになってきたのが気になって矯正を始めた50代の方、と、あらゆる年代の方々が矯正をしています。

矯正は費用と期間がかかるので簡単な治療ではありませんが、成人矯正を決断されるみなさんは、ご自分の体としっかり前向きに向き合っていらっしゃる感じがとても伝わってきます。

矯正治療をはじめるにあたっては、患者さんのお話をしっかりとお聞きし、模型診査や顎顔面レントゲン写真(セファログラム)の分析、顎運動機能検査などの精密検査を行った上で治療方針をご提案しています

当院で扱う主な矯正装置

オーバーレイ(小児矯正)オーバーレイ
オーバーレイとは
奥歯の乳歯に被せ物をすることで、顎を正しい位置に誘導する治療法です。症例によって、銀歯の場合やプラスチックの白い被せ物の場合があります。

精密検査のデータをもとに、顎を正しい位置に誘導するための誘導面(ガイダンス)をオーバーレイの咬み合わせ面に付与します。

これによって、日常生活を送りながら、少しずつ顎が正しい位置に誘導されていきます。

新素材ワイヤー ゴムメタル新素材ワイヤー ゴムメタル
「ゴムメタル」はトヨタグループのシンクタンクである豊田中央研修所が開発した新チタン合金で、ゴムのような性質を示します。

ゴムのように柔らかくしなり、強度もある折れにくいワイヤーなので、矯正治療には最適な素材です。

床矯正当院で扱う主な矯正装置
主に小児矯正で用いられます。取り外しができる矯正装置で、あごの成長が不足していて歯が並びきらない場合に有効です。あごの成長を促し、歯を正しい位置に動かすことで、歯並びを整えていきます。

ブラケット当院で扱う主な矯正装置
矯正装置といったときに、一般的に思い描かれるのがブラケット矯正です。歯に部品を取り付け、そこにワイヤーを通して歯並びを整えていきます。

ブラケットやワイヤーは金属製のものが主流ですが、最近ではセラミック製の白いもの、プラスチック製の透明のものなどもあります。セラミック製やプラスチック製のブラケットは、歯に取り付けても目立ちにくいので、見た目を気にされる方でも安心して矯正治療を受けていただけます。

2014年7月14日

ホワイトニング

当院では、マウスピースと薬剤を使用して、ご自宅で簡単にできるホームホワイトニングを取り扱っております。

ホワイトニング

健康的で美しい白い歯は口元を明るくし、清潔感を与えます。

歯の着色の原因には、先天性のもの、食生活や加齢の影響、薬物や損傷によるものなどさまざまなものがあります。ホワイトニングは、薬剤を用いて着色の原因となっている有機物を分解漂白するので、歯を傷つけることなく安全に白くします。

ただし、薬剤を使う治療なので、虫歯や歯周病といったトラブルがあると、歯や歯ぐきにダメージが及んでしまうこともあります。そのため、ホワイトニングを行う前にこういったトラブルがないかチェックを行っています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングホワイトニングジェルをカスタムトレーに入れて、6~8時間装着して歯を白くします。主に夜間就寝時にお使いいただけます。通常、毎日行い、3~4週間で完了します。
※歯の色調が濃い場合には、ご希望の白さになるまで期間がかかる場合があります。

ホームホワイトニングの利点
ご自宅で手軽にホワイトニングが行えます。夜間就寝時や日中でも好きな時間にお使いいただけます。

2014年7月10日

 


準備中

2014年7月 9日

審美歯科

口元の見た目の美しさを追求するのが審美歯科です。当院では見た目だけでなく、機能的にも優れた審美歯科治療を行っています。

審美歯科

審美歯科では、歯の白さ、天然歯と調和した美しさや形態などを追求する治療を行っています。でも、歯は物を食べる、話をするなど、日常生活に大きく関わっているパーツです。審美性を兼ね備えながらも十分に機能を果たせる歯を再現することを目指しています。

当院の主な審美歯科メニュー

当院では患者さんのご希望をしっかりとお聞きし、お口の中を総合的に見た上で、患者さんに合った治療法をご提案しています。ご提案の際には、それぞれの治療法のメリットだけでなくデメリットもご説明します。すべて納得していただいてから、治療に進みます。

オールセラミックオールセラミック
陶器の一種であるセラミックを使った被せ物です。天然の歯に近い自然な色合いで見た目も美しく、金属を使っていないので金属アレルギーの心配もありません。

メタルボンドオールセラミック
金属の土台の表面をセラミック素材で覆った被せ物です。天然の歯に近い色合いで、土台が金属なので強度もあります。

ハイブリッドセラミックスオールセラミック
セラミック素材にプラスチックの一種であるレジンを混ぜて作った被せ物です。

セカンドオピニオンも実施。難症例は大学病院の先生と連携

失ってしまった歯の代わりに、天然の歯と同じように咬める義歯を入れる最新技術がインプラント治療です。

インプラント

インプラントとは、歯がなくなってしまった部分のあごの骨に、チタンなどの金属製の人工歯根を埋め込み、それを土台にして義歯を取り付ける治療です。ブリッジや入れ歯と違って、自分の歯と同じように咬むことができます。

ブリッジを入れる場合、健康な歯を削らなければなりません。入れ歯は、天然の歯に比べると、どうしても咬む力が弱くなります。その欠点を両方ともなくしたのが、最新の治療法であるインプラントなのです。

インプラントができないケースインプラント
インプラントには、確かに利点がたくさんあります。でも、抜けてしまった歯と同じように入れれば良いというものではありません。正しい咬み合わせがしっかりできている状態でなければ、ただインプラントを入れても意味がないのです。

また体質的な問題などで、インプラントを入れられない患者さんもいらっしゃいます。あごの骨の量が少なくてインプラントの土台を支えられないといったケースでは、増骨手術も行っています。しかし、すべての患者さんに対応できるわけではないことをご理解ください。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療一人ひとりのお顔が違うように、あごの形や体質も人によってさまざまです。そのため、患者さん一人ひとりに合わせたインプラント治療が必要です。まずは患者さんのご希望をしっかりとお聞きし、精密検査を行った上で、患者さんにぴったりのインプラント治療をご提案します。

また当院は、大学の歯学部と連携しています。難しい症例の場合は、インプラント治療を専門とする口腔外科の先生にお願いしています。まずはお気軽にご相談ください。

消毒・殺菌設備
当院では、従来の歯科治療やインプラントを含めた外科手術全般を安全・確実に行うために、滅菌や消毒の設備を整えています。また治療に使う器具は、できるかぎり使い捨ての物を採用しています。水も、殺菌効果の高い電解水を用いています。

当院のインプラント治療当院のインプラント治療

インプラント治療の流れ

ここでは2回法の流れをご紹介します。

【STEP1】カウンセリング
失われた歯の数・インプラントを埋め込む骨の量や質・位置、何本インプラントを埋めるかなど、治療の計画を立てます。
次へ
【STEP2】インプラントを埋め込む手術(1次手術)
ドリルなどの専門の器具を使い、インプラントを埋め込みます。
次へ
【STEP3】治療期間
1次手術のあと、2~4か月ほどでインプラントと骨が強い力で結合します。
次へ
【STEP4】歯肉を開く手術(2次手術)
歯肉を開いて、歯肉の中に埋まっているインプラント体の接合部に人工の歯を取り付ける準備をします。
次へ
【STEP5】人工の歯を製作・装着します
歯肉が治った時点で型を取り、インプラント上部の人工の歯を作ります。形や色は患者さんに合わせて製作し、インプラントに取り付けます。

インプラント治療後のメンテナンス

メンテナンスインプラント治療は、インプラントが入ったらそこで終わりではありません。インプラントで得たお口の健康を長く維持するには、治療後のメンテナンスが欠かせません。

当院では、半年ごとのメンテナンスをお薦めしています。メンテナンスでは、インプラント周囲の歯肉状態や清掃性を確認し、レントゲン検査でインプラント周囲の骨の状態が良好に保たれているかチェックします。また、全体的な歯周病検査、咬み合わせの検査と調整、お口の中のクリーニングなどを行っています。

2014年7月 8日

入れ歯治療

経験豊富な熟練の歯科技工士と歯科医師が連携して、患者さんにご満足いただける質の高い入れ歯をご提供します。

入れ歯治療

「入れ歯だとうまく食べ物が咬めない」
「口を開けると入れ歯が外れてしまう」
「口に入れると痛いので、入れ歯を使いたくない」

入れ歯について、そんな悩みをお持ちの方も多いかと思います。入れ歯は失った歯の代わりに手軽に使えるものですが、お口にぴったり合う入れ歯でなければ、心身ともに負担がかかってしまいます。

当院ではまず、患者さんのお話をじっくりお聞きすることからスタートします。その上で、患者さんのお口の状態をさまざまな検査をとおして診査し、歯科技工士と連携して質の高い入れ歯を作っていきます。

当院の入れ歯治療

当院の入れ歯治療入れ歯の治療を必要とする患者さんには

1.歯の欠損が多くなってしまい、ブリッジなどの固定式の治療では補うことができなくなってしまい、入れ歯を入れるのは今回が初めてという方
2.今まで使っていた入れ歯に問題がある方

といった、2通りの場合があります。

初めての方では特に、今までなかったものがお口の中に入るので、なるべく違和感のない入れ歯にすることが課題です。また、残っている歯に負担をかけずに、動いたり落ちたりしない入れ歯でなくてはなりません。

今まで10数年の技工士との連携と経験から、当院独自の製作法にたどりつき、保険の入れ歯でも最短3回の来院で、喜んでいただける結果が出せるようになっています。入れ歯材料のレジン材(歯科用プラスチック)も技工士の技術力に加えて自費用のものを用いているため、薄くて強く、しかも美しく、お口の中での違和感を最低限に抑えています。

すでに入れ歯を使ってこられた方では、今までのものとの違いを実感していただけると自負しております。

当院の入れ歯メニュー

金属床金属床
金属床義歯は薄く作れるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。冷たいもの・温かいものも敏感に感じることができるので、美味しく食事ができます。また、患者さんに合った人工歯を使用するので審美的にも優れています。非常に軽く生体親和性に優れ、アレルギーの心配がありません。当院では主にコバルトを使用します。

<金属床義歯の特徴>
・食べ物の熱い、冷たいがよく伝わって食事が美味しい
・金属部分は汚れにくく、清潔さを保ちやすい
・薄く細く小さいので、快適で違和感が少ない
・丈夫で壊れにくい

インプラントデンチャーインプラントデンチャー
インプラントデンチャーは、インプラントをあごの骨の中に埋入することからはじめます。その後、インプラントに入れ歯を安定させるアタッチメントを取り付けます。アタッチメントにはボールタイプのもの、磁石タイプのものがあります。

<インプラントデンチャーの特徴>
・安定性が高い
・咬みやすい
・ずれにくい

マグネットデンチャーマグネットデンチャー
マグネットデンチャーは残っている歯の根に磁性の金属を埋め込み、入れ歯側に超小型磁石を取り付ける入れ歯です。ピッタリと吸着するので、違和感がほとんどありません。留め具もないので、見た目も自然です。

<マグネットデンチャーの特徴>
・歯の根が少しでも残っているところなら、簡単に入れることができる
・歯にかかる負担が少ない
・留め金などがないので、見た目が美しい

一般歯科

生まれもった天然の歯は、一度削ったら二度と元に戻らない貴重なものです。当院では、できる限り削らない・抜かない治療を心がけています。

一般歯科

歯科医院での治療で、患者さんが最も気にされるのは「どのくらい歯を削るのか」ということではないでしょうか。もって生まれた天然の歯は、削ってしまうと二度と元には戻りません。できるだけ削りたくないと思うのも当然のことです。

当院では、できるだけ削らない・抜かない治療を心がけています。削ったり抜いたりしなければならないときは、その理由や放置したときのリスクをきちんとご説明し、患者さんが納得されてから行うようにしています。

虫歯のメカニズム

虫歯は、その進行の度合いによって5段階に分けられます。進行度合いごとの治療法もさまざまです。あなたの虫歯がどの程度の状態なのか、セルフチェックしてみましょう。

CoCo
ごく初期の虫歯で、まだ歯に穴は開いていません。きちんとブラッシングをすると同時に、歯を再石灰化させることで、削らなくても完治できます。

C1C1
歯の表面を覆っているエナメル質にのみ穴が開いた状態です。まだ痛みなどの自覚症状はありませんが、放っておくと進行してしまうので、歯を削って詰め物をしなければなりません。

C2C2
虫歯を引き起こす細菌が、エナメル質の下にある象牙質にまで達した状態です。冷たい物や甘い物を食べると、しみて痛みを感じることがあります。悪くなってしまった部分を削り取り、型を取って、詰め物や被せ物をする必要があります。

C3C3
虫歯が歯の中心部を通っている神経に達した状態です。適切な治療で歯の神経を残せる場合と、歯の神経を取ったり根管を消毒したりする根管治療が必要な場合があります。

C4C4
歯冠は崩壊し、歯根だけが残った状態です。歯としての機能を回復できる場合もありますが、多くは抜歯が必要です。

虫歯の治療法

虫歯の治療法当院では、拡大鏡やマイクロスコープという実態顕微鏡を使って精密な診査をして、適切な患部の除去と修復を心がけています。

3Mix法
薬剤を使って虫歯の感染部を無菌化することで、虫歯の進行を止めるのが3Mix法です。3種類の抗生物質を混ぜ合わせて使うので、3Mix法と呼ばれています。

炭酸ガスレーザー
歯科用レーザーには、繁殖した細菌を熱で殺菌する力があり、歯質を強化する効果もあります。

信頼できる技工士との連携で、最適な被せ物を

歯科治療は、歯科医師だけの技術でできるものではありません。熟練の歯科技工士と連携を取り、患者さんにぴったり合う補綴物をご提供しています。

歯科技工士

歯科技工士の仕事は、歯科医師が型取りした土台の上にきちんと適合した冠やブリッジや義歯などを、精密な適合で快適な機能を発揮するように、コツコツとまったくのオーダーメイドで一人ひとりのお口に合わせて作る、実に細かくしかも美的センスも要求される大変な仕事です。

歯科医師と歯科技工士歯科技工士
歯科技工士は、歯科医師からの指示に従って補綴物を作ります。例えるなら、歯科医師が家のプランを作る設計士、歯科技工士は設計図に従って家を建てる建築士です。

開業以来の信頼の中で、各症例についても互いの意見を十分に交換しながら、スタッフも含めたチームとして患者さんの治療にあたっております。

歯科技工士の経験と技術力
当院が技工をお願いしている山本晴之技工士と歯科技工所『歯科補綴研究所ディー. エル.セイリュウ』については、その熱意と知識と技術と経験の豊かさでエキスパートとして高く評価できるばかりでなく、患者さんへの温かい思いやりの心がベースにある仕事ぶりに尊敬を感じています。

『歯科補綴研究所ディー. エル.セイリュウ』公式ウェブサイト

咬合理論に基づく治療。咬み合わせもチェック

オーストリアで生み出されたシークエンシャル咬合理論をベースに、お口の中全体のバランスを考えた治療を行っています。

咬み合わせを考えた治療

初診の患者さんのお口の中を拝見して、困ったなと思うことがあります。ごく初歩的なことですが、咬み合わせの全体的なバランスをとらずに治療がされているときです。

咬み合わせを考えた治療上下の歯がつくる咬み合わせがスムーズでないと、下のあごが動いて機能するときに問題が生じますし、いずれは隣接した歯も虫歯や歯周病になりやすくなります。その時々の場当たり的な治療でこのようなことが起きると考えられます。当院では"ボタンのかけ違い"と言っていますが、かけ違ったボタンは正しくしていきたいと考えていますし、かけ違わないように全体のバランスの中で治療したいものです。

咬み合わせを重視した治療
咬み合わせは、食べ物を咀しゃくするというとても重要な働きをしていますが、最近の研究ではあごやお口の中のいろいろな病気と深い関わりがあることがわかってきています。咬み合わせが悪いと顎関節に影響が出る顎関節症のほか、歯の破折、知覚過敏、歯周病、虫歯など、さまざまな症状を引き起こします。

当院では、一人ひとりに適した咬み合わせを考慮しながら、症状の改善とより良い咬み合わせを長く保てるようにしていきたいと考えています。

当院の治療方針のベースとなっているのが「シークエンシャル咬合理論」です。日本語で言うと「その人の体に調和した咬み合わせ」と訳すのが近いでしょう。

シークエンシャル咬合理論とは

シークエンシャル咬合理論シークエンシャル咬合とは、ドナウ大学(オーストリア)のスラブチェック教授が提唱され、日本では神奈川歯科大学の佐藤貞雄教授が普及に努めておられる考え方です。

人類が二足歩行を始めて以来ヒトが本質的に抱えることになった咬み合わせの問題を解き明かし、個々の患者さんの問題も顎関節部と下あごの垂直的な前後左右の偏位として考えていくものです。特に矯正の分野では、従来の小臼歯抜歯でつじつまを合わせる水平思考とは次元の異なる、目からウロコの考え方です。この考え方を大切にして、日常の治療も行っていきたいと考えています。

診断をたてるための検査項目として以下のものがあります。

・フェイスボウを用いた半調節咬合器への模型付着
・キャディアックス顎機能検査
・頭部X線規格写真撮影(セファログラム)
・ブラックスチェッカー(夜間歯ぎしりの検査)

これらの検査を総合して診断をたてていきます。器材や習熟を必要とし、保険ではカバーできませんが、矯正治療に入るときは必要な検査項目となります。

【咬み合わせの検査・診断】キャディアックス

キャディアックス当院では、矯正治療で咬み合わせを治すと同時に、全身のバランスや顎関節を考慮した治療を行うためのキャディアックスによる咬合診断を行います。

キャディアックスとは
シークエンシャル咬合理論に基づいて開発された「顎機能咬合診断診療プログラム」です。下あごの運動を測定する装置によって得られたデータをコンピュータによって解析し、患者さん個々の骨格形態を分析。咬合器の設定などを行います。


2014年6月 « トップへ



TOP