トップへ » 医院について » 院長あいさつ・スタッフ紹介 » 副院長あいさつ

副院長あいさつ

副院長あいさつ副院長の後藤千里です。

私はマイクロスコープを用いた根管治療や虫歯治療、顎の機能を重視した矯正治療、顎関節症治療などに力を入れています。

歯科治療には、治療するドクターにより治療哲学のようなものがそれぞれあると感じています。
 
また、患者さんも要望は人それぞれです。
例えば時間はかかっても丁寧に診てほしいとか、短期間で効率的に治療を終えてほしいとか、費用はかかっても最善の材料や治療をしてほしい、費用はできるだけかけずに治療をしてほしい、歯科治療に恐怖心が強いので安心して治療を受けたい...などなど。

副院長あいさつ歯科治療が成功するには、患者さんとドクターが同じ方向に向かって取り組むことが大切だと考えています。相性とも言えるかもしれません。

ドクターの治療スタイルや治療哲学と患者さんの要望が一致できれば、治療結果は良いものになり、お互いが幸せになれると思います。
逆に一致しないのに治療に突き進めば、どちらか、あるいは両者がガマンを強いられることで不幸を招き、治療結果が思わしくないものになる可能性は十分あると思います。

私の(現在の)好みの治療スタイルとしては
・時間や手間はかかるけれど、再発させない・長くもたせられるような治療をしたい
・なるべく歯の保存を試み、やるだけやってもダメならその時は抜歯
・大がかりな治療の際は、咬合検査をしっかりしたい
・自分や家族を治療するとしたら、質や効果の高い薬剤・材質を用いたいし、患者さんにもおすすめしたい
 

私は、会話力は正直自信がありませんが(話が下手です)、患者さんの気持ちを汲んだり、しっかりとした治療の説明を心がけるようでありたいと考えています。
 
歯科領域の技術向上は日進月歩です。私もまだまだ知識・道具・技術を向上させて、歯科治療をより楽しんでやっていきたいと考えています。
 
私の診療スタイルと、患者さんの要望が一致して、両者が幸せになれる歯科治療ができればこんなにいいことはないと考えています。
 


トップへ » 医院について » 院長あいさつ・スタッフ紹介 » 副院長あいさつ



TOP