トップへ » 医院について » 院長あいさつ・スタッフ紹介 » 院長あいさつ

院長あいさつ

院長あいさつ早いもので、ごとう歯科を平成11年に開院して15年目になります。

旧ホームページでご紹介した、私のインプラント患者、カルテ番号0001の私の母も94歳になりました。現在腰椎圧迫のリハビリのため入院中ですが、杖なし歩行で歩けるまでに回復。リハビリのゴルフを楽しみ、食事も普通食を綺麗に平らげ「おかげでしっかり咬めるから嬉しいわ」と言ってくれます。

「いつの間にか7本もインプラントが入っているのね」という、食べること大好き、お肉大好きの母ですが、糖尿の傾向もあるので、退院してきてからの食養生が大切。まだまだ元気で楽しく過ごしてほしいと思っています。

私は九大歯学部を2期生として卒業し、今年は卒後40年になります。その前半25年間は、工学部出身の夫の勤務地の関東で歯科医として勤務しながら4人の子育てをしてきました。夫の退職を機にひとり暮らしの母のいる福岡で開業したので、それまでなかなか使えなかった自分の時間ができました。それから、歯周病、インプラント、矯正、審美、シークエンシャル咬合と、その分野でご活躍の先生方に師事させていただき、現在に至っております。

日大松戸歯学部を卒業した長女が一緒に仕事を始めて10年。九大の社会人大学院にも通い、博士号取得。今では2児の母ともなりました。着実にじっくり取り組む誠実な性格ですから、それを活かして、良き治療者として今後もさらに飛躍していってほしいと思っています。

院長あいさつ開院初期から一緒に頑張ってきてくれた強力なパートナーのチーフを始め、真面目で元気な明るいスタッフに恵まれ、これからも患者さんの笑顔のために頑張っていきたいと思います。

また、地区の小学校の校医をお受けして7年目となります。児童が「自分の歯は自分で守る」という意識を持った成人に育ってくれますように、予防教育に力を入れていきたいと考えております。
 


トップへ » 医院について » 院長あいさつ・スタッフ紹介 » 院長あいさつ



TOP