« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2018年10月29日

臨時休診のお知らせ

ごとう歯科の事務です。

歯科医師が研修会に参加のため、以下を臨時休診日とさせていただきます。


  • 10月29日(月) 午後休診

  • 10月30日(火) 終日休診

  • 10月31日(水) 終日休診

よろしくお願いします。

2018年8月10日

夏期休診のお知らせ

ごとう歯科の事務です。

8月11日(土)〜8月16日(木)を、休診日とさせていただきます。
急患の方は、福岡市歯科医師会の休日急患歯科診療所をご利用下さい。

休日急患歯科診療所
福岡市中央区大名1丁目12-43 福岡県歯科医師会館1F
092-752-0648

休日急患歯科診療所

暑い日が続きますが、体調などに留意されてお過ごしください。

よろしくお願いします。

2018年5月 1日

ゴールデンウィークの休診日のお知らせ

ごとう歯科の事務です。

5月2日(水)〜5月6日(日)を、休診日とさせていただきます。
急患の方は、福岡市歯科医師会の休日急患歯科診療所をご利用下さい。

休日急患歯科診療所
福岡市中央区大名1丁目12-43 福岡県歯科医師会館1F
092-752-0648

休日急患歯科診療所

よろしくお願いします。

2018年4月20日

臨時休診のお知らせ

ごとう歯科の事務です。

この度身内に不幸があり、急なこととは存じますが、4月21日(土)から24日(火)まで、臨時休診とさせていただきます。
患者様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解ご了承のほど宜しくお願いいたします。

2017年12月20日

年末年始休診日のお知らせ

ごとう歯科の事務です。

12月30日(土)〜1月4日(木)を、休診日とさせていただきます。
急患の方は、福岡市歯科医師会の休日急患歯科診療所をご利用下さい。

休日急患歯科診療所
福岡市中央区大名1丁目12-43 福岡県歯科医師会館1F
092-752-0648

休日急患歯科診療所

2018年もごとう歯科スタッフ一同、
お口の中の治療とメンテナンスを通じて
喜んでもらえる
安心してもらえる
元気になってもらえる

そんな歯科医院を目指していきます


よいお年をお迎えください。

2017年9月23日

臨時休診(午後)のお知らせ

ごとう歯科の事務局です。下記3日間の午後、ドクターが研修会参加のため、臨時休診とさせていただきます。


  • 9月23日(土曜)

  • 9月30日(土曜)

  • 10月7日(土曜)


よろしくお願いします。

2017年8月 7日

夏季休診日のお知らせ

ごとう歯科の事務です。

8月10日(木)〜8月17日(木)を、休診日とさせていただきます。
今年は、ドクターやスタッフの法要などが重なり、例年よりも長期間の休診日となります。
急患の方は、福岡市歯科医師会の休日急患歯科診療所をご利用下さい。

休日急患歯科診療所
福岡市中央区大名1丁目12-43 福岡県歯科医師会館1F
092-752-0648

休日急患歯科診療所

暑い日が続きますが、体調などに留意されてお過ごしください。

よろしくお願いします。

2017年5月 2日

ゴールデンウィークの休診日のお知らせ

ごとう歯科の事務です。

5月3日(水)〜5月7日(日)を、休診日とさせていただきます。
急患の方は、福岡市歯科医師会の休日急患歯科診療所をご利用下さい。

休日急患歯科診療所
福岡市中央区大名1丁目12-43 福岡県歯科医師会館1F
092-752-0648

休日急患歯科診療所

よろしくお願いします。

2017年3月10日

口腔外科見学

副院長の後藤千里です。

IMG_2666.JPG

堀之内先生.jpg

昨日は九州中央病院口腔外科部長の堀之内康文先生の初見学させていただきました!

以前の講演で見学オッケーとおっしゃっていたので、意を決し伺ってきました。

結論から言うと、本当に来て良かったと思いました。

実際に手技を見せてもらえるというのは非常に大切だと感じました。

イメージができる、というのがとても大きいのです。

患者さんへの話し方、説明等も含め、雰囲気の全体を感じられます。

こんな貴重な体験はありません。


堀之内先生はとてもお忙しいなか、動き回られるので、先生の邪魔になってもいかん、でも見たい、というせめぎ合いの中、気づいたらぴったりド近くで見ていたという。

うっとおしいかな、と思いつつも図々しく見せて頂きました。

先生に後で、見学の際、ここは邪魔だから立たないで、とかありますかと聞いたら

「ない‼︎」「もしあったとしたら言うから。それよりよく見て欲しいの!」

とのこと。ありがたいです。

で、どこからよく見えるかベストポジションを探してるうちに、大事な切開はササーッともうすでに終わってるという...泣。素晴らしく早いのです。早すぎです。

素晴らしい手技に驚きの連続でした。

見学いつでもどうぞ、となんと懐の広いお言葉。

先生方が見学に来られると、スタッフ全体も、ピリッと引き締まる、とおっしゃってくださいました。

堀之内先生、スタッフの皆様、ありがとうございました!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2017年2月27日

マイクロスコープ治療の個人的雑感

副院長の後藤千里です。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡。以下略してマイクロ)を使った治療をして、13年くらいでしょうか。

私が大学を卒業して1年後、当院(実家)に来たときにマイクロがありました。

これは本当にラッキーなことでした。


当時、まだまだマイクロが今ほど広まっていなかった時期に、これはいいと確信し、決断して導入した院長の目のつけどころは、本当にすごいと、今でも思います。

しかし、大変残念なことに、日常使いとしては使われておらず、ここぞというときに、覗くというような感じだったと思います。

ドクターが院長ひとりだったので、いたしかたなかったと思いますが、

正直、とてももったいないと思い

ならば自分が使ってみようと、始めは自己流で使い始めました。

最初は根管治療の確認や診査だけに使っていました。

そこから少しずつマイクロのセミナーに参加したり、本を読んだりして実践的な治療に使い始め、

今では殆どの治療にマイクロを使っています。


2015年から、マイクロの勉強会(FLAT)に参加させてもらってますが(この会の先生方に出会えたのも超幸運でした)、

この会の先生方も、マイクロが面白い、楽しい、大好き、という感が満々で、勉強熱心で情熱のあるアツい素晴らしい先生方です。熱男集団です。尊敬です。


マイクロの何がおもしろいか、すごいかと言うと

肉眼では見えない・気づかないものが、ドドーンと見えるのです。

例えば、根管内の病気の原因である汚いものが、ごっそり見え、なんで治らないのかわからない原因がはっきりと見えるのです。

第二根管や細いイスムスに感染原がたまっているのが手に取るように見え、取り除きたくてウズウズします。

ただ、

マイクロはよく見えるからすごい、その裏には、マイクロはよく見えすぎるから苦しい、もあるかと個人的に思います。

よく見えてしまう分、しっかり治すための課題も増えますし、

自分の治療の結果も容赦なく超拡大されて映し出されます。

例えば、CR充填のアラだったり、歯石の取り残しだったり、補綴物の適合度合いだったり、様々。

こういったフォローのために治療時間が長引くこともあります。。。


患者さんには、長引き、ご迷惑をおかけしますが、録画画像をお見せしてご説明すると、たいがい皆さんご理解くださいます。

時々、自分との戦いのような感さえします。(プロというのは何にせよそういうものでしょうが。)


以前、写真家の篠山紀信さんが個展をやりきったときに

『ラクではなかったけれど、楽しかった』と言っていたのが印象的でした。


ラクではないけれど、面白い、楽しい、これが好きだ、というのは

人生の醍醐味みたいなもののように思います。


私のFBでお知り合いのドクターや先輩ドクター、尊敬する先生方は、皆さん非常に勉強熱心でレベルの高い治療をされますが、共通してるのは

歯科の仕事が好きでたまらない、といったような感じがします。

好き・夢中になる、というチカラは爆発的にすごいですよね。

ごとう歯科
http://www.gotoh-dc.com/

院長 後藤かをる

副院長 後藤千里