« 2017年3月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2017年2月25日

歯ぎしりの様々な症状とウィークリンクセオリー

副院長の後藤千里です

前回、歯ぎしりについておおまかにお話ししていますが、歯ぎしり自体は病的な異常運動ではなく、生理的な機能であるということでした。

歯に負担をかけない歯ぎしり(ここでは仮に『いい歯ぎしり』とします)は、ストレス反応の抑制に関わっています。

しかし、
咬み合わせの問題などから、歯に過剰な負荷となるような力が加わる歯ぎしり(=ここでは"悪い歯ぎしり"とします)が、口の中の様々な症状を引き起こします。↓


悪い歯ぎしりによる症状.png


元・神奈川歯科大教授の佐藤貞雄先生は、

『ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)はほとんどの口腔疾患と関連していると言っても過言ではない』と著書の中で述べています。

また、悪い歯ぎしりと口腔疾患の関係については、ウィークリンクセオリー(weak link theory )というものがあります。

(これを日本語に訳するとなんと言ったらいいか...)

これは、悪い歯ぎしりが歯科の症状として現れる部位は、主に
①歯 
②歯周組織 
③顎関節および周囲筋組織 

ですが、症状・ダメージが①〜③のどこに現れるかは、その人その人により異なります。

例えば、

①歯が弱い(weak)タイプの人は、悪い歯ぎしりが歯の症状(知覚過敏、詰め物がとれる、かぶせものがとれる、歯が欠ける、割れる、など)として現れますが、歯周組織と顎関節にはそんなにダメージが現れません。

また、②歯周組織が弱いタイプの人は、悪い歯ぎしりによって、歯がグラグラするように歯周組織が破壊されていきますが、歯がグラグラ揺れてくれる分、歯自体は壊れず、また顎関節も壊されません。歯をグラグラさせることで、歯と顎関節を守っています。

そして、歯も歯周組織も強い人は、悪い歯ぎしりによってどこに症状が出るかというと、③顎関節に症状が現れます。
歯ぎしりをするときの歯のわずかな擦れ合う動きがスムーズにいかず、運動制限や干渉があると顎の関節は負担のかかる不自然な動きとなり、顎関節や関連する筋肉にダメージを与えます。


これらの症状は、日常臨床でとてもよく見る現象です。

みなさんが思う以上に、咬み合わせの問題や悪い歯ぎしりの力というのは、治療をおこなう上で歯科医師を悩ませる重要なファクターなのです。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(参考文献より)
ウイークリンク図.JPG

ウイークリンク文.jpg

参考文献

ブラキシズムの臨床 佐藤貞雄・玉置勝司・榊原功二 クインテッセンス出版
ブラキシズムの臨床.jpg

2017年2月21日

歯ぎしりについて

副院長の後藤千里です。


咬んだとき歯にかかる力を咬合力をと言いますが、歯科治療ではこの咬合力のコントロールが非常に重要だと日々感じています。


皆さんは普通、咬む力というと、まず食事の時にものを咬む力を想像されると思いますが、
実は一日のうち食事で歯と歯が接触する時間は1日平均15分以下ときわめて短いことが、分かっています。

では、どんな時に強い力が歯に加わるのでしょうか。

歯に最も長い時間、力が作用するのは夜間睡眠時であることが最近の研究で分かっています。いわゆる歯ぎしりやくいしばりです。

睡眠時の歯ぎしり・くいしばりは一般の人の85〜90%に発現するといわれています。
つまりほとんどの人がしています。

「私は歯ぎしりはしてません」と思っている方もおられますが、音がしないくいしばり
もあります。寝ているので自覚もないし、音がしないので家族から指摘されることもありません。

そもそも、歯ぎしりは病的な異常運動ではなく、正常な運動機能であるというのが元・神奈川歯科大教授の佐藤貞雄先生の研究で示されています。

私たちは睡眠時に歯ぎしりをすることによって、ストレスの発散をしていることが、佐藤教授の研究で分かっています。

歯ぎしりをすることで、ストレスの度合を示す脳内ノルアドレナリン、ストレス反応を起こすCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)、血中ACTHレベルなどが低下します。


うちには4歳と3歳の子供がいますが、ものすごい歯ぎしりの音です。

子供は大人よりも実はストレスが多いんだそうで(毎日未知のこととの遭遇や、躾のため行動を抑制されることも多いですね)、子供の歯ぎしりは多いですし、それは心配なことではありません。


ケンカ1.JPG

(笑ってはしゃいで泣いて怒って悲しんでを全身全霊全力でやるのでそりゃストレスも多かろう...)

ケンカ2.JPG

が、しかし!

咬み合せの問題から、歯ぎしりをした時に歯に不均衡な力がかかったりすると、歯に悪影響を及ぼす事になります。

つまり、歯ぎしりには「いい歯ぎしり」が出来ている人と「悪い歯ぎしり」をしてしまう人がいます。

歯ぎしりに関して、NHKためしてガッテンがとてもわかりやすく書いてくれてます
(→こちらをクリックしてください)


悪い歯ぎしり、ガッテンでは口破壊歯ぎしり、全身破壊歯ぎしり、という恐ろしいネーミングですが、これが歯に様々な症状を起こし、日々診療する中でこの力をどうコントロールするか考えています。


歯ぎしり・咬合力が歯に及ぼす症状についてはまた後ほど!!


参考文献

ブラキシズムの臨床 佐藤貞雄・玉置勝司・榊原功二 クインテッセンス出版
ブラキシズムの臨床.jpg


2016年8月 3日

顎関節症・咬み合わせの治療について


顎の痛みや、顎がスムーズに動かず口が開けづらい、顎がガクガクする、等の症状がある病態を顎関節症と言います。
顎関節症は歯の咬み合わせと密接に関係があります。

咬み合わせに問題があると、顎の位置が正常な位置からズレ、顎関節、関節円板や靭帯、顎を動かす筋肉、など周囲の組織にダメージを与え、痛みや顎の運動障害となって現れます。


顎関節症の検査

当院での検査内容
 ・顔貌写真撮影
 ・口腔内写真撮影
 ・咬み合せの模型診査(フェイスボウトランスファー)
 ・セファロレントゲン写真分析(咬み合わせと骨格を分析)
 ・歯ぎしり検査(ブラックスチェッカー)
 ・顎運動機能検査


上記の各種検査を行い、顎関節症状がどのような原因で起こっているかを診断し、この診断に基づいて治療を行っていきます。
咬合検査1.jpg
咬合検査2.jpg


特に、顎運動機能検査(CADIAX)を行うことによって、顎関節の動きや顆路測定、安定した顎運動が行える顎関節の正しい位置を診断できるので、顎関節症には非常に有用な検査です。
スライド22.jpg
スライド23.jpg


記録された波形は次のように表示されます。

スライド24.jpg
スライド26.jpg


精密な検査データ

スライド27.jpg
スライド28.jpg

顎関節症の治療について
 治療用スプリント

これらの検査結果をもとに、治療用スプリント(下顎の歯に装着するマウスピース)を作成します。

スプリント.jpg
このスプリントの目的は、顎の位置を正常な位置に補正して、顎関節と周囲の筋肉や靭帯組織の緊張を緩和し、顎運動をスムーズに行えるようにすることで顎関節症状を改善することです。

装着時間は基本的には夜間就寝時ですが、可能なら食事以外の日中も装着していただくと効果が出やすくなります。
装着期間は2週間〜1ヵ月程度です。

このスプリントは長期間使用し続けると咬み合わせが変わってしまう恐れがあるため、あくまでも症状が緩和されることを確認するための短期使用スプリントです。長期に渡り使用し続けると開咬(オープンバイトとも呼ばれます)という咬み合わせになってしまうことがあります。


 スプリントで症状が改善されたら

顎の位置をスプリントで補正することによって症状が改善されたということは、その正しい顎の位置で咬み合わせを再構成する必要があります。

咬み合わせを再構成する、とは多くの場合矯正治療が必要になります。

矯正治療によって顎の位置を少しずつ正しい位置に誘導し、筋肉・靭帯などの周囲組織を少しずつ適応させていく(慣れさせていく)ことが必要だからです。これは顎関節症を根本的に治療するということになります。

これを歯の被せ物だけで何とかしようとするには限界があることが多いです。
(場合によっては可能なこともありますが。)
歯の被せ物だけで顎の位置を修正すると、矯正のように少しずつ慣れさせるのではなく、突然顎の位置が変化するので、顎関節、筋肉や靭帯が適応できないからです。


矯正治療は無理、という場合には対症療法としてスプリントを装着することになります。
前述のように、長期継続使用は咬み合わせを変えてしまう恐れがあるため出来ないので、症状が強く出た時のみ短期使用し、改善されたら装着をやめる、というような使用法を繰り返すかたちになり、根本的な顎関節症の改善とはならず、症状をとりあえずしのぐための対症療法となります。

費用について
 この検査法および治療法は特殊検査機器等を用いますので自費診療となります(金額は税別)。
 
 咬合精密検査 ¥50,000
 スプリント  ¥50,000
 矯正治療   ¥800,000



後藤千里.jpg 副院長 後藤千里
ごとう歯科 092−672−6258
医院公式ウェブサイト


2015年4月 4日

理論はいろいろ、正解はわからない


こんにちは、最近ブログ更新がノリに乗ってきた副院長の後藤千里です。
自分の書きたいこと書け、と心の師匠に言われ、だいぶ気がラクになったのであります。


さて、どの分野でもそうですが、考え方・理論・コンセプトはたくさんありますね。
中には真逆の主張をするものもあります。


例えば、

  • 朝食はしっかり食べた方がいい VS 朝食は必要ない 
  • 肉をどんどん食べたほうが長寿 VS 長生きしたけりゃ肉は食うな 
  • シャンプー&頭皮ケアしっかりしないと健康な髪にならない VS シャンプーはだめ、湯シャンでいい 
  • ほめて人を育てろ VS ほめたら人はだめになる 

などなど、あげたらきりがないですね。 一体、どっちなの?間逆なことを言ってるじゃないか!


でもどの主張も、それを主張する人は自分の人生をかけて長年研究して、正しいと信じて貫いています。

正解は...本当にわからないですよね。


この世には、科学で証明されていることなんてごく一部でしかないし、それを証明するためには本当に長い年月や莫大な費用をかけた研究が必要なんですね。

だから、数ある理論の中から私達は色んなものを見聞きして、調べて、教えてもらって、自分が正しいと思うものを選択する必要があります。もし間違ってたと気づいたら、また選び直せばいい。

469続きを読む

2015年3月28日

顎運動機能検査(CADIAX)について

こんにちは。副院長の後藤千里です。

今日は9歳の女の子が小児矯正を始めるために顎運動機能検査(CADIAX・キャディアックス)を行いました。

小柄なお子さんだったので装置が重くちょっと大変でしたが、最後まで頑張ってくれました。

RIMG0068.JPG

シークエンシャル咬合理論に基づいた咬合治療をするためには、この検査が必須となります。


464続きを読む

2015年3月27日

ストレスの少ない小児矯正

こんにちは。副院長の後藤千里です。

更新がだいぶ滞ってしまいましたが、診療の情報をまた少しずつでもご紹介していこうと思っています。


今日は小児矯正についてご紹介します。

当院の小児矯正ではシークエンス咬合理論に基づいた、最小限の装置で咬み合わせを効果的に整える矯正を行っています。

このシークエンス咬合理論に基づいた小児矯正で主に用いるのは、以下の2つです。


  1. 1.オーバーレイ装着

  2. 2.ワイヤー装着

463続きを読む

2014年9月24日

犬歯がもぐって出てこない!・・・シークエンス咬合理論のおはなし8・・・

顎のサイズが小さくて、歯の交換期に 歯がゆったりと並ぶスペースが不足していると、
前回の症例のように 歯列からはみ出して犬歯が萠出しまう事が起きます。


今回はそれとは違って、潜って出てこない犬歯を、
矯正で治療した症例です。


犬歯が顎の骨の中に居座ってしまい 乳歯と交換しないままになってしまう場合があります。

図4.jpg

452続きを読む

2014年9月23日

犬歯がうまくおさまらない!・・・シークエンス咬合理論のおはなし7・・・

犬歯は 顎を動かすときのガイドとしてとても重要で、
歯並びに問題があって、その歯の機能がうまくはたらくことができない時、
臼歯部にとても大きな力がかかって壊れたり、顎の関節に問題が出たりします。


乳歯列から永久歯に変わる時に犬歯がうまく収まらなかった症例を矯正で治療したものです。

05.10.15_04_000.JPG

451続きを読む

2014年8月30日

口が開いたり閉じたりするって、どういうこと? ・・・シークエンス咬合理論のおはなし 6 ・・・

すっかり秋らしくなりました。
暑さが苦手な私には嬉しいけれど、お小さい方々は宿題の追い込みで大変でしょうか?


きのう、副院長と話していて「そうだよねー」と思ったのですが、口が開くということや 顎が左右に動くということ・・・・そのことについても、もう一度確認しておかないと、、わかりにくくなってしまうかなと思いました。

パペットマペットやセサミストリートの人形のように、顎を動かすって 上の顎と下の顎がパコパコ動くと思っていません? それは違うからね。

Puppet play.
Puppet play. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

446続きを読む

2014年8月29日

ヒトと獣、その違いは ・・・シークエンス咬合理論のおはなし 5 ・・・

犬歯を武器にして突き立てる、とか
毛深いとか
そんなことではなくて・・・


決定的な違いは2足歩行と4足歩行。

Neon Streets hoodie
Neon Streets hoodie / Eco-Pup

445続きを読む

2014年8月27日

犬の犬歯、ドラキュラ伯爵の犬歯 ・・・シークエンス咬合理論のおはなし 4 ・・・

ムサシという、実に名前負けしている情けないうちの柴犬ですが、これに噛まれたことがあります。スーパーまで散歩がてらに連れて行って、迷惑にならないところを選んでつないだ。その場を離れる瞬間に「お願い、置いてかないで!」が勢い余って、ヤツの犬歯が私の腓に刺さったというか、噛んだというか・・・犬歯ってスゴイと思いました。

443続きを読む

2014年8月26日

ヒトのストレス ・・・シークエンス咬合理論のおはなし 3 ・・・

先日、うちの犬がストレスのやり場として犬歯で行った悪行の数々を書き連ねましたが、
ヒトも夜な夜な睡眠中に、歯ぎしりをしたりクレンチングといって(歯ぎしりの一種です) くいしばるという行為をしています。

IMG_0086.JPG

442続きを読む

2014年8月23日

犬のストレス ネズミのストレス ・・・シークエンス咬合理論のおはなし 2 ・・・

動物は 腹を上にするのは本能的にとても嫌なことのよう。


多分犬が腹を見せてじゃれるのはあれはきっと、「私はこれほどあなたを信頼申し上げておりますよ」というサインなのでしょう。

440続きを読む

2014年8月18日

帰省中の娘と、夫と 歯医者の会話 ・・・シークエンス咬合理論のおはなし 1 ・・・

盆に末娘が帰省してきた。自動車メーカーに勤務してはや7年、デザイン関係で頑張っている。


熱中するタイプだからストレスも大きいらしく、歯ぎしりもかなりのよう。昨年の帰省の時には、顎が痛いという。盆暮れに会えればいいくらいことなので、スプリントを作ってやるくらいしかできなかった。

435続きを読む

ごとう歯科
http://www.gotoh-dc.com/

院長 後藤かをる

副院長 後藤千里