« 2017年3月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2014年8月26日

ヒトのストレス ・・・シークエンス咬合理論のおはなし 3 ・・・

先日、うちの犬がストレスのやり場として犬歯で行った悪行の数々を書き連ねましたが、
ヒトも夜な夜な睡眠中に、歯ぎしりをしたりクレンチングといって(歯ぎしりの一種です) くいしばるという行為をしています。

IMG_0086.JPG


日々のストレスの数々を何とか解消して、胃に穴を開けないように、心臓に負担を起こさないように・・という必然の行動なのだということがわかっています。

確かにこれだけ世の中が加速度的に変化して、全てのスピードが早まり・・・・というなかで、ストレスがない方が不思議。スローライフとか牧歌的とか、そんな言葉が憧れのように浮かぶような・・・。

ま、遠くを見つめる目になってしまいましたが・・・・


閑話休題。

ストレスを上手にいなすためには、上手に歯ぎしりができることが理想です。
逆を言えば 理想的な咬み合わせは、 上手に歯ぎしりができる咬み合わせです。
そのためには犬の歯ならぬ犬歯、前から数えて3番目にある犬の歯のように尖っている歯、それが大事です。

八重歯が可愛いと言っていた時代は多分古き良き時代だったかもしれません。

今の世の中では八重歯は困ります。

大切な犬歯はきちんと収まるところにいてくれて、仕事をして下さい。

邪魔だから抜いてしまう! エーッ! そんな無茶苦茶も駄目!ダメ! 大切にしましょうよ。


ではまた~ 御機嫌よう


「 花子とアン」が好きな 院長でした。


後藤かをる.jpg 院長 後藤かをる
ごとう歯科 092−672−6258
医院公式ウェブサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.gotoh-dc.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/441

ごとう歯科
http://www.gotoh-dc.com/

院長 後藤かをる

副院長 後藤千里