« 2017年3月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2014年8月30日

口が開いたり閉じたりするって、どういうこと? ・・・シークエンス咬合理論のおはなし 6 ・・・

すっかり秋らしくなりました。
暑さが苦手な私には嬉しいけれど、お小さい方々は宿題の追い込みで大変でしょうか?


きのう、副院長と話していて「そうだよねー」と思ったのですが、口が開くということや 顎が左右に動くということ・・・・そのことについても、もう一度確認しておかないと、、わかりにくくなってしまうかなと思いました。

パペットマペットやセサミストリートの人形のように、顎を動かすって 上の顎と下の顎がパコパコ動くと思っていません? それは違うからね。

Puppet play.
Puppet play. / MIKI Yoshihito (´・ω・)


患者さんに
「顎を右左に動かしてみてください」
と申し上げると、
「えっ どのようにですか ?上をですか、下を? えー、 どのように?!」
と戸惑ってしまう方が時々おられます。

そんな風に戸惑う方は決して珍しくありません。そのことを すっかり忘れていました。


「上の顎は頭にくっついていて動かないのですね、 耳の下の、ここに顎の関節があって、下の顎が筋肉で動いてお口が開いたり左右に動くんですね」
「はー なるほどぉ」

そのような会話を今までに何度繰り返したかと 今さら思い出すわけです。


歯医者にとっては常識でも、患者さんにとっては 関心がなければ常識でも何でもない。

そこのところを忘れていると、わかりやすく説明しているつもりがちんぷんかんぷんになってしまうでしょう。気をつけたいと思います。


付け加えれば、おとなの常識も、今、宿題頑張ってるようなお小さい方々にはピンと来ないこともきっとたくさんあるのでしょうね。 毎日、孫育てに関わっているおばあちゃんとしても、 心せねば。


ではまた、ごきげんよう。院長でした。


後藤かをる.jpg 院長 後藤かをる
ごとう歯科 092−672−6258
医院公式ウェブサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.gotoh-dc.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/445

ごとう歯科
http://www.gotoh-dc.com/

院長 後藤かをる

副院長 後藤千里